グリーンピースのゆで方は?栄養価は高い?保存方法は何が適する?

Sponsord Link

今日は、グリーンピースのゆで方や栄養価をテーマにしていきたいと思います^^

 

シュウマイの上にも載っているグリーンピースですが、栄養価は高いのでしょうか。

 

また、グリーンピースに最適な保存方法は何でしょう。

 

そんな身近な存在であるグリーンピースについてまとめていきます。

vegetable_green_peas

 

グリーンピースの茹で方はどうする?

グリーンピースは、缶詰や冷凍食品などでも
販売されており、自分で茹でたことがない
方も多いのではないでしょうか。

 

ミックスベジタブルにも含まれていますよね。

 

そんなグリーンピースですが、
に旬の時期を迎えます。

 

ですので、いつも、冷凍や缶詰を利用している方も、
旬の時期はゆでてみてはいかがでしょうか?

 

茹で方の方法としては、
1・まずは、グリーンピースをさやから取り出し
よく洗います。 

2・鍋にお湯を沸かして、塩を小さじ1杯程度
いれます。
(お湯の量は、グリーンピースが浸かるくらい)

 

3・そのまま弱火で2分程度グリーンピースをゆで、
時間がたったらそのまま火をとめます。

 

4・このまま粗熱がとれるまで60分程度
放置すれば、しわのないグリーンピースが
できます。

あとは、お好みで調理に使用してください^^

 

 

グリーンピースの保存方法

では保存はどのようにするのが良いのでしょうか。

 

まず、ゆでたグリーンピースの保存方法は
主に2通りがあります。

1ffd6f54e498379b75c25dd1699c3f8b_s

冷蔵保存方法

グリーンピースを冷蔵保存する場合は、
ゆで汁にいれたまま、
タッパー等に密閉して保存するようにします。

 

こうすることで、 2~3日 程度
保存することができます。

sponserd link

冷凍保存方法

長持ちするのは、冷凍での保存です。

 

冷凍で保存する場合は、
水気をキッチンペーパー等で
しっかりとります。

 

そのあと、ジップ付きの袋にいれて、
空気を抜いて密閉し、
そのまま冷凍庫で保存します。

 

冷凍保存では、 1か月程 度日持ちします^^

 

そのまま食べる際は、ゆでてください。
調理のする際は、冷凍のまま火を通して
しまいましょう!
冷蔵保存:2~3日間
冷凍保存:1か月
 
 

グリーンピースの栄養価は高い?

グリーンピースは、見た目は完全に緑ですが、
緑黄色野菜ではありません。

 

ですが、豊富な栄養が含まれています。
様々なビタミン・ミネラルを含み、
特に、ビタミンB1やB2を多く
含みます。
カリウム 340mg
ビタミンB1 0.29mg
ビタミンB2 014mg
リン 80mg
食物繊維 8.6g
また、グリーンピースには多くの食物繊維 が含まれています。
特に、不溶性食物繊維が多く含まれており、
これは、腸の蠕動運動を促進してくれます。

 

便秘の方の対策にもぜひ摂取してほしい野菜ですね。
野菜の中でも、食物繊維含有量はかなり多いといえます^^

 

また、カリウムは、むくみ解消や、高血圧予防にも
良いとされています。

 

手軽にグリーンピースを摂取♪
 
 

まとめ

今回は、グリーンピースの茹で方や保存方法、そして
栄養価についてまとめてみました。

 

グリーンピースは、茹で方によってはしわができにくいですし、
そして保存もききます^^

 

いつも冷凍を利用する方も、
旬の時期は、ゆでたものをご飯やサラダなどに
利用してみるのも良いですね。

 

栄養価も高いのが嬉しいところです。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ