カミソリ負けのかゆみやニキビをケアする方法は?男性・女性必見の対策方法はこれ!

Sponsord Link

top

社会で働く 男性の髭剃りは日課 ですよね。
女性のムダ毛処理 も、
今や夏限定ではありません。

ムダ毛処理をするといつも 赤みが出てかゆくなる
髭剃りをすると 吹き出物が出てきて困る ・・・
など 肌のトラブルはつきもの です。

ここでは、そんな 「カミソリ負け」のかゆみやニキビのケア をご紹介しましょう。

正しい処置をするためには、
その原因をしっかり知っておくことが第一です。

sponserd link


<カミソリ負けの原因は?>

古いカミソリをいつまでも使っている(刃を替えていない)
いつまでも古いカミソリを使っていると、
不衛生 なだけでなく、
刃が錆びたりして 肌を傷めて しまいます。
処理をするとき専用のローションやシェービングクリームなどを使っていない
逆剃りを繰り返したり同じ個所を何度も剃った
肌にかなりの負担 をかけています。
不摂生な生活や食生活で(栄養不足)肌のコンディションが良くない
生理中・疲れ・風邪気味など体調不良
処理後のケアを怠った
処理前後のお肌のケアはとても大切。
これを怠ってしまうと、その場だけのかゆみだけにとどまらず、
あとあとまで傷や色素が残ってしまう こともあります。

以上のことなどが主な原因にあげられます。
これらの要素がまったく当てはまらないケースでは、
他に深刻なお肌のトラブルが考えられる
ので、
すぐに皮膚科 に行ってきちんと診てもらいましょう。

sponserd link


<処理直後かゆくなったら?>

掻くのをやめる
蚊に刺されたときも同じですが、
掻きむしってしまうと、
そこからバイキンなどが入りこみ、
さらに患部を悪化させてしまいます。
まずは、掻くのをやめて様子を見ます。

患部を冷やす
掻くのをやめたら、
患部を冷たいタオルなどでそっと冷やしてみましょう。
かゆみは炎症が原因ですから、
冷やすことで沈静効果 があります。
これだけで赤みやかゆみが消えることもあります。

刺激の少ない乳液やボディークリームなどを薄く塗って、
それから冷やす、というのもいいかもしれません。


ローションなどアルコール成分が入ったものは刺激が強く、
肌がヒリヒリしてしまうことがあるので気をつけてください。


<カミソリ負けの症状が長引いたら?>

上の処置をしても、まだかゆみが長引いたりする場合には、
しばらくは髭剃りやムダ毛処理はしないことが一番 です。
お仕事に行くなど止む終えない場合には、
女性は お化粧を薄めにする などして、
できるだけ肌に負担をかけないようにしましょう。
男性は髭剃りを数日間しない・・・というのは、
社会人であればかなり難しいことですね。

このような場合には 市販の薬を試してみる のもいいでしょう。
身近で調査、ネットの口コミ・・・などを参考にして、
いくつか候補をあげてみました。

sihan

オロナイン軟膏(大塚製薬)
ダントツ一位の人気です。
昔から一家にひとつはあるのではないでしょうか?
以下の効能・効果をみてもわかるように、
かゆみ全般に効果があります。
【効果・効能】
にきび・吹出物・はたけ・やけど(かるいもの)・ひび・しもやけ・あかぎれ・きず・水虫・たむし・いんきん・しらくも


oro

以下にあげるいくつかの市販薬も、
口コミではなかなか人気があるものばかりを集めてみました。
中には 女性のムダ毛処理後のケア製品もありますが、
男性が使ってもまったく問題ない
ので、
自分に合う薬を見つけて みましょう。

メンソレータム ビタミンクリーム(ロート製薬)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オーデクリームS(アロインス)

ode

ラナケインS(小林製薬)

rana

ケアレケア(池田模範堂)

care

オードムーゲ薬用ローション(六陽製薬)

odo

女性のデリケートゾーン用
メンソレータム フレディ(ロート製薬)

fredi

フェミニーナ軟膏(小林製薬)

femi

フィーメリナ(新新薬品工業)

feme

これらの軟膏は「デリケートゾーンのかゆみやかぶれ」用です。
カミソリ負け専用ではないので、一時的なかゆみを抑える程度と理解したうえで使ってみてください。


<処理前後のケアが何よりも大切!>

髭剃りのように毎日の日課となると、
どうしても 手を抜いてしまいがちなケア ですが、
これが 一番重要 です。
女性のムダ毛処理も同じですが、
特に 処理後のケアは保湿が命
かゆみや赤みを処置したら、
必ず十分な保湿 をしてください。
普段からしっかり保湿をしておくことで、
肌も柔らかく保つことができ、
毛の処理自体が簡単になってきます。

薬を使うとき には、
個人の判断でステロイド系の軟膏を使うのは危険 です。
肌の状態をさらに悪化させることあります。
また、ニキビの炎症とカミソリ負けの炎症は、
その原因がまったく異なっているので、
カミソリ負けにニキビの薬を塗るのは絶対にやめましょう

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ