ウイルス性胃腸炎の潜伏期間はどのくらい?空気感染が原因でうつる?

Sponsord Link

norowils

冬になると 気温が下がり
空気も乾燥 して、
風邪を引きやすい環境 がそろいます。
風邪を引くと、
くしゃみや鼻水が出たり、
カラダの節々が痛み、
発熱をともなう頭痛がしたり・・・。

しかし、こんなことありませんか?
咳も鼻水も発熱もなく
突然、下痢や嘔吐に襲われる・・・
もしかしたらそれは、
ウイルス性胃腸炎 かもしれません。

このウィルス性胃腸炎とは、
いったいどのようなものなのでしょう?

<ウィルス胃腸炎って?>

その名の通り、
ウィルスの感染により
胃腸に炎症を引き起こす疾患 のことです。
主な症状は、
突然の下痢や嘔吐 です。

感染の原因になるウィルスには、
ノロウィルス ロタウィルス アデノウィルス などがあり、
感染経路や潜伏期間などそれぞれ違いがあります。

ノロウィルス

感染対象: 主に大人
感染場所: 市販の弁当・仕出し弁当・外食など
症状  : 下痢・嘔吐・腹痛・脱水など
流行時期: 秋から冬にかけて
潜伏期間: 18時間から48時間
感染経路: 食物( カキや二枚貝(あさり・しじみなど)の生もの )・水・糞便
回復日数: 早くて1日から3日ほど

ロタウィルス

感染対象: 主に乳幼児
感染場所: 主に 院内感染
症状  : 下痢・嘔吐・腹痛・脱水・発熱など
流行時期: 冬から春にかけて
潜伏期間: 1日から3日
感染経路: 食物・水・糞便
回復日数: 早くて3日から7日ほど

アデノウィルス

感染対象: 主に乳幼児
感染場所: 乳児院や保育所など
症状  : 下痢・嘔吐・腹痛・脱水・発熱など
流行時期:  通年
潜伏期間: 6日から8日
感染経路: 主に糞便
回復日数: 早くて7日から12日ほど

病院で診てもらっても、
実際には事細かに、
ウィルスの種類まで見極めてくれることは少ない ようです。
しかしほとんどの場合、
同じウィルス性胃腸炎でも、
乳幼児の場合 には、
その多くは ロタウィルス と診断され、
大人の場合 には、
ノロウィルス と診断されることが多いようです。

sponserd link

<ウィルス性胃腸炎は空気感染なの?>

ウィルス性なので、
この病気は 人から人へ感染 します。
感染には、
経口感染 空気感染 が考えられます。

norovirus

乳幼児に多く見られる ロタウィルス は、
その 感染力が非常に強 く、
感染者の 糞便の中には何億ものウィルス がいるとされ、
その中のわずか数個程度のロタウィルスがあれば、
他者へ簡単に感染してしまう、
とても強力なウィルス です。
糞便の正しい処理 と、
その後の 手洗い などは、
徹底して十分に行いましょう。

img01

また 嘔吐物も適切な処理 をしておかないと、
ウィルスが残りその上乾燥して、
飛沫として空気中に飛散 し、
その病原体の粒子を、
呼吸によって吸い込んでしまう ケースもあります。

大人に多く見られるノロウィルスは、
ロタウィルスのように、
糞便からの感染経路をたどるケースと、
ノロウィルスが蓄積された、
カキや二枚貝などの生ものを食することで感染 する場合があります。

食材感染のノロウィルス は、
60℃の湯通し程度の加熱調理では殺菌することはできません。
少なくとも85℃以上で1分以上の加熱が有効 とされてします。
カキフライ は揚げているので安心しがちですが、
中心部まで火が通りにくいので 要注意 です。
二枚貝(あさりなど)の酒蒸しも同様、
中までしっかり火が通るよう調理 してください。

topics_08_illust_02

<予防は処理法がキー!>

正しく適切な処理 さえしっかりできていれば、
ウィルス性胃腸炎は 十分に防げる疾患 です。

糞便や嘔吐物を処理するときには、
マスクや手袋を着用 して、
処理後は 石鹸でしっかり丁寧に洗って ください。
また、嘔吐物の処理ですが、
アルコール消毒程度ではウィルスは死滅しません。
床などに飛び散った嘔吐物をしっかり拭き取り、
そのあとは次亜塩素酸ナトリウムで殺菌 しましょう。
衣服に嘔吐物が付着したときには、
漂白剤を入れて洗濯 することをおススメします。

水が流れるときに ウィルスが舞い上がり細菌を空気中に飛散 しています。
洋式トイレ使用後は、水を流すときに トイレのフタをして流しましょう!


<おかしいなと思ったらすぐ医者へ!>

突然の下痢や嘔吐 に見舞われたら、
すぐに医者に診てもらいましょう
下痢や嘔吐がひどいと 脱水症状 につながり、
早く手当をしないと 命に関わる こともあります。
特に 小さな子供や高齢者 は、
体力がなく抵抗力が低いため、
短時間でもエネルギーを消耗しやすく、
危険な状態に陥りやすいものです。
下痢や嘔吐がひどいと、
自分では水分補給もままなりません。
そんなときには 専門家に診てもらって
整腸剤 吐き気止めの薬 を処方してもらい、
点滴 栄養や水分補給 をしてもらうことが大切です。

参考リンク!! ↓↓↓
大人のウィルス性胃腸炎の症状?発熱時の食事は?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ