インフルエンザの完治日数や目安の判断はどうする? 復帰時期は大体どのくらい?

Sponsord Link

今日は、インフルエンザの完治日数や目安の判断をテーマにしていきたいと思います^^

 

インフルエンザになったら復帰まで時間が必要ですが、
完治するにはどれだけの期間が必要なのでしょうか。

 

そんなインフルエンザの完治日数や復帰時期についてまとめていきます。

kaze_woman

 

インフルエンザの完治日数の目安は?

インフルエンザは、冬に猛威をふるい、
毎年予防接種も勧められるほど、
かかったら高熱がでて、やっかいな病気ですよね。

 

おまけに関節も痛み、動くのが辛いほどの
症状に見舞われます。

 

そんなインフルエンザは風邪と比較すると
治りにくく、高熱もでますので、
完治までには時間を要します。

 

中途半端な状態で職場や学校に復帰すると、
インフルエンザのウイルスが他の人にうつってしまうので、
きちんと完治する必要があります。

 

 

インフルエンザの潜伏期間

インフルエンザの感染経路としては、咳やくしゃみなどの飛沫感染
よるものが多いですね。

virus_seki

特に免疫力が弱っていたり、抵抗力が弱い人が
インフルエンザに感染します。

 

お子さんは特に抵抗力が弱いので、
感染しないように気をつける必要がありますね。

 

ではインフルエンザの潜伏期間ですが、
一般的に1~2日間 とされています。

 

長くても1週間以内で症状が現れます。

 

比較的、感染してから症状がでるのは早いと考えられます。

 

 

インフルエンザの完治日数の目安

インフルエンザを発症してから完全に治るまでには、
1週間程度 時間を要します。

mask_kafun_woman

インフルエンザに感染して病院にいくと、
あっという間に熱が下がると思いますが、
熱が下がったから治ったというわけではないです。

 

熱が下がっても体内にまだウイルスが残っている可能性があるので、
熱が下がったあとでも 2日間 程度は安静に
しておく必要があります。

 

また抵抗力の弱い高齢者やお子さん、呼吸器や循環器系に持病を
お持ちの方は、もっと時間がかかる可能性があります。

sponserd link

インフルエンザにかかってからの復帰時期は?

インフルエンザにかかってから学校や職場に復帰できるのは
どれくらいなのでしょうか。

 

インフルエンザの完治日数は、人それぞれですが、
1週間程度 です。

 

ですので、職場への復帰も、7日程度休んでからというのが
一般的です。

 

学校では、出勤停止期間があり、
「発症後5日を経過し、かつ解熱したあと2日経過するまで」
となっています。


ですので、学生の場合はこれを守る必要があります。

 

大人の場合でも、熱が下がったからといって、
1週間程度は復帰するまでに時間を要します。

 

会社で定められているところもありますが、
特に規定がなければ、
1週間程度 たってから仕事に復帰するようにしましょう。

 

でないと、人にインフルエンザをうつしてしまう
ことがあるので、復帰の時期は焦らない方がよいです。

 

一応、医師や職場の上司と相談をしてから
復帰時期を決めるというのもアリです。

 

きちんと静養してから、復帰しましょう。

★こちらの記事もどうぞ
インフルエンザの自然治癒の方法と期間は?子供なら何日必要?
 

 

まとめ

今回は、インフルエンザの完治日数と復帰時期をテーマにまとめてみました。

 

インフルエンザは、風邪よりも治りにくいので、
完治するまでにも時間がかかりますね。

 

完治日数はだいたい1週間程度ですので、
それと比例するように、職場や学校への復帰時期も
変わってきます。

 

完治日数も復帰時期もだいたい1週間程度と
覚えておくのが良いですね。

 

基本的に、熱が下がったあとも2日間は安静にしておくという
のを忘れないようにしておきましょう。

 

マスクで予防♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ