らっきょう酢の残りの再利用法とは?カロリーはどれくらい?

Sponsord Link

らっきょう酢

皆さんらっきょう酢ってご存知ですか?

らっきょうの甘酢漬け、好きな方も多いのでは?

そのときに残る酢、それがらっきょう酢です。

実はらっきょう酢として市場で出回っています♪

今回はこの残った酢を使って、

違う料理へと活用していきましょう!

気になるカロリーなどもご紹介していきます!

□らっきょう酢の再利用法

らっきょう酢は、実に様々な料理に使えます。

こんなに活用法があったの?!

と、今まで捨てていた方・・・

かくいう私もそうなのですが・・・

とっても使えるものなんだ!

って自分の中での意見が変わりますよ♪

・肉料理

お肉にらっきょう酢をかけ、

煮ることで繊維がやわらかくなります。

その結果とても食べやすくもなります。

鳥の手羽先などに使えば、

 骨離れもよく、より食べやすくなるんです♪

お肉がほろほろになって、口どけがよくなりますよ。

・梅

青梅をよく洗い、らっきょう酢に漬け込んでいきます。

なんとも新しい味が口の中へ訪れます。

梅干しとは全然違ったその味、

一度味わうととてもクセになります♪

はちみつのような繊細な甘さが口いっぱいに広がります。

・ピクルス


らっきょう酢2

きゅうりや大根などをらっきょう酢に漬けます。

サンドイッチの具や、朝食のサラダ代わりに。

ハムやチーズ、トマトなどと相性がよいです。
・酢の物

これはとてもスタンダードにおススメです。

きゅうりやわかめをらっきょう酢で酢の物にすると、

 普通に作るよりも断然美味しく仕上がります。
・ドレッシング

らっきょう酢を使用してドレッシングを作ります。

大根のサラダや、海藻のサラダなど。

さっぱりした味がお好みの方にぴったりです。

□気になるカロリー

らっきょう酢3

らっきょう酢、 ところでカロリーは一体・・・?

そもそもらっきょうとは割と未知の食べ物。

カレーの付け合わせなどでしか、

目にしたことがない方も数多くいると思います。

らっきょうの栄養素はこれまた素晴らしく、

滋養強壮や免疫力アップ、

ガンの予防や血行促進など。

様々な栄養素を含んでいます。

食物繊維の量はなんとごぼうの4倍。


そしてそして、らっきょうは 100gで119kcal

らっきょう100gといえば相当な量です。

なので、たっぷり食べてもやっと119kacl・・・

これはとてもダイエットにおススメですね♪

不足しがちな栄養素もたっぷり含んでいます。
なので、らっきょう酢もカロリー自体は低いといえます。

sponserd link

☆注意点

ですがらっきょうの摂取しすぎはよくありません。

お腹が張って、ガスが出ます。

整腸作用の強いらっきょうは、

さらに 腹痛を連れてきてしまう可能性も。

つまり、お腹を下すということですね。

そして注意すべきは 塩分

らっきょう酢100g辺りの塩分量は、

なんと4.6g。

そして砂糖が44.5g。

これはとあるメーカーのらっきょう酢なのですが、

ちょっと・・・気になりますね・・・?

身体によいとされるらっきょう酢ですが、

一度で多く摂取するのはよくないようです。

なので、料理に少し、サラダにちょっぴり、

毎日適量を少しずつ摂取していきましょう。

そもそもはとても身体によいものなので、

摂らないという手段はありません!

再利用のらっきょう酢を使うのであれば、

料理にちょっとずつ・・・

という具合なので、ぴったりですね♪

ちなみに、少量ならカロリーはとても微々たるものです♪

□最後に

らっきょうの甘酢漬け、好きな方も多いですよね。

今度甘酢漬けを買ったり作ったりしたら、

次はそのまま料理に再利用してみましょう!

自分で一番納得のいく再利用法を見つけ出せば、

甘酢漬けを食べた後ももう一度楽しめますよ♪

それでは、今回はここまでです(´▽`)ノ

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ