ぽんかんの収穫時期や栄養とは?おいしく食べるための皮の剥き方や食べ方は?

Sponsord Link

2011tponkan_100

日本の冬は柑橘類の宝庫 です。
ミカン系やオレンジ系など、
本当にたくさんの種類があります。

ココでは、
その中でも店頭でよく見かける、
ぽんかん 」をご紹介したいと思います。

<ぽんかんって?>

ぽんかんは、もともと インド原産 ですが、
明治29年に中国から台湾を経由して鹿児島に入って きました。
「ぽんかん」という名前も、
「ぽん」はインドの地名「Poona」に由来 しています。

ぽんかんには、2つの種類があります。
ひとつは、大きめの「 高しょう系 」で、
重さは 150~180g
吉田ポンカン」や「今津ポンカン」などです。
もうひとつは、扁平形の「 低しょう系 」で、
重さは 100~150g
太田ポンカン」や「森田ポンカン」などです。

<ぽんかんの収穫時期や栄養は?>

ぽんかんの旬の時期
収穫時期は12月から2月 にかけて行われ、
店頭に並ぶのもこの時期になります。

ぽんかんの栄養価

他の柑橘類同様、
ビタミンCが豊富 です。
ビタミンCは、
シミのもととなる メラニン色素の合成を抑え
鉄の吸収を高める効果 もあると言われています。
風邪の予防などにも重要な役目を果たすビタミンなので、
この時期、できるだけたくさん食べておきたい果物ですね♪
また、ジョウノウ膜には 植物繊維 が豊富に含まれているので、
便秘解消にも期待大 です♪

sponserd link

<ぽんかんの美味しい食べ方>

そのまま食べる 」のが、
やはり ベストの食べ方 です♪
表面は少しゴワゴワした感じがあるものの、
皮と実の間に少し隙間があるので、
とても 簡単に皮が剥けるのも特徴のひとつ です。
ミカンよりも 甘味が強くジューシー で、
濃厚なコクのある味わい とともに、
ぽんかんならではの 独特の香り が特徴です。
ジョウノウも果肉もともにやわらかく、
子供から高齢者まで、
幅広い年齢層で人気があります。
ただ 種がある ので、
一気に口にほおばると、
それがちょっと気になるかもしれません。

ぽんかんの食べ方

食べごろの見分け方

慣れないとちょっとわかりづらいかも知れませんが、
ぽんかんの上と下(お尻の部分) で、
微妙に色に変化 が出ます。
上と下とをくらべると、
下(お尻)の部分が若干色が濃くなる と、
それが 食べごろのサイン です。
プロの方々はこれを、
紅がさしている 」と言うそうです。

t02200293_0240032010407139532 t02200293_0240032010407139533

通常は 収獲してから半月~1か月 ほど、
貯蔵して寝かせ
甘味が増すまで 追熟 させています。
なので、店頭で買うときには、
すでに甘味が十分に引き出されているはずですが、
それでも買ったときに多少酸味が強いときには、
数日置いておくと甘味が増して きます。

「上と下の色の変化」を注意深く観察 して、
ぽんかん自身が教えてくれる、
ベストの食べごろを逃さないよう に、
ぜひ美味しいぽんかんをお召し上がりくださいね♪

希少品種のぽんかんも♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ