つくしのアク抜きや下ごしらえの手順はどうする?

Sponsord Link

つくし1

春も間近に迫ってきたこの頃、

そろそろ つくし が顔を出してきますね。

皆さんは、 つくしが食べられるということをご存知ですか?


そうです、あのつくしです。

実は食べることが出来るんですよ♪

春のごちそう野草 のひとつなんです。

そのつくしですが実は、

下ごしらえはそんなに難しくないんです。

誰でもできるので是非知っておいてください。

野草を食べると、ああ春だなあ・・・としみじみします。

春にぴったりの  つくし  をご紹介いたします!

□つくしとは

春になると、湿気の多い土壌や

畑地に生え始めてくるつくし。

子供の頃、学校へ行く帰り道や、

友達の家に遊びに行く途中にいつも見かけましたね。

大人になってみると、 意外と集中してつくしを見ることはありません。

実はつくしはその構造から二つにわかれます。

栄養茎と胞子茎 に分かれているんです。

栄養茎をスギナ、胞子茎をツクシと呼びます。

食用になるのは、ツクシ・・・胞子茎の方ですね。

ちなみに、日本に生息するトクサ類で、

もっとも小柄なのがこのつくしです。

根が深いことが特徴で、それゆえに地獄草とも呼ばれます。

よーしつくしを取りに行くぞ!!

勇んだあなたはちょっと待ってください!
山菜として、春のごちそう野草として、

子供の頃と違った趣でつくしを採るのならば 二つばかり注意点 があります。

まず、 民家の近くでは採らない方がいいです。


理由としましては、ペットの糞や除草剤、

また、排気ガスなどが付着している場合があります。

なので、 絶対ダメとは言いませんが注意が必要です。

近所に昔から住んでいるお婆ちゃんなどがいらっしゃったら、

おススメの場所を教えてもらうのも一つの手ですね。

次に、 つくしの大きさです。


あまり大きくなってしまうと、

育ちすぎていて食用に向かない場合があります。

なので、 丈は10~15センチ程度。

そして、 節と節の間の短い茎。

さらに、 頭がよく締まっているもの。

この三つを抑えて採取しましょう。

このポイントを抑えて、それではいざ山へ進みましょう♪

☆つくしのアク抜き、下ごしらえ

つくし2

つくしの下ごしらえは難しくありません。

ですが、 作業工程上指先が真っ黒になります。

そこは覚悟しておきましょう。

1.袴(ハカマ)を取り除く

ハカマとは、つくしの葉のようなものです。

茎に沿って巻かれている部分ですね。

これを、 丁寧に取り除きましょう。
残っていると、口の中に筋っぽいものがさわります。

 

2.大きな鍋で、たっぷりのお湯で煮る

しっかり沸騰したお湯の中につくしを入れます。

大体 10~15秒ほどさっとゆでましょう。

この際、 茹ですぎてしまうと食感を失いますので注意!

 

3.その後ザルにあけ、よく冷えた冷水で冷やします。

アクが気になるな・・・という方は、

水を 2~3回変えてしっかりと アク抜きをしましょう。

料理に使う際、水気をしっかりと切ることもとても大事です。

これで下ごしらえは終了です。

思っていたより簡単だったのではないでしょうか♪

春、何気なく足元に生えているつくしですが、

栄養素や効能も詳しく紐解いていきましょう。

↓↓↓↓

つくしの効能や栄養素は?美味しい時期や食べ方を紹介!

つくしの栄養素や効能については、

こちらのページからご覧下さい。

sponserd link

□食べるときの注意って?

つくしには栄養素のほかにも、

いくつか 注意すべき成分 が含まれています。

こちらもよく読んでから、食するに至ってくださいね。


アルカロイド、チアミナーゼ・・


あまり聞いたことのない部類の成分ですが、

多量に摂取すべきではない成分です。

なので、以下をよく読んでからつくしを食してください。

アルカロイド

単純に極端に言うと 生物に対して有害 です。

しかし、医学などにも使われています。

医学で使われているものは、 モルヒネ ですね。

また、アルカロイドは古代より使われている成分のひとつです。

2008年までに、12000種類のアルカロイドが同定されました。

詳しく知りたい方はこちらから→(アルカロイドについて

チアミナーゼ

ワラビやぜんまい、デンジソウなどにも含まれるこの成分。

ワラビであれば十分にアク抜きしなかった場合に、

ワラビ中毒 というものを起こしたりします。

しかし、チアミナーゼは加熱すると消えます。

摂取しすぎた場合の効果としては、

脚気 を引き起こしたりすることもあるんだとか・・・。

1800年代にオーストラリアを横断した北欧人が、

帰路の途中生のデンジソウを主に食料にしたところ、

脚気を引き起こす事故も・・・。

なので、 つくしを食べる場合は加熱が必須です!!

加熱すればこのチアミナーゼは失活しますので、

十分に加熱してくださいね。

□まとめ

ちょっと怖々した紹介も混ざってしまいましたが、

基本的につくしは日本では安全に食することができます♪

気になる方は、信頼と実績を結んでいる、

つくしの全国発送などを行っている農家さんで買いましょう。

無農薬、無化学肥料などでしっかりと育てているところもあります。

ハウス栽培などはされていないので、

適切な時期に手に入れることが大事です。
また、お茶として商品化しているところもあるようです♪

なので、どういう状態のつくしを食べてみたいかによって、

手に入れる方法を変えてみるのもひとつの手です。

自分の手で採ったつくしを食べたい!

という方は、経験者の方と採取しに行くのもいいですね♪

皆さんどうでしたか?

あまり口にしたことのないつくしについて、

ご紹介してきました。

これを機に、是非一度考えてみてください♪

春に何げなく眺めていたつくしに、

今春はちょっとだけ近づいてみませんか?(´▽`)ノ

つくしが食べられる♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ