そら豆の茹で方は?便秘にダイエット、栄養価も高く効能がすごい!

Sponsord Link

今日はそら豆をテーマにしていきたいと思います^^

 

そら豆が実は苦手という方も多いのではないでしょうか。
匂いや食感が独特なそら豆ですが、
実は、かなり栄養価が高いんですよね。

 

知れば知るほど、食べたくなる、そら豆について
簡単にまとめてみました★

AC_27ILAA38

 

そら豆とは?

 

実はそら豆、その歴史は古く、古代ローマやエジプトで、儀式に
使われていた…という書物も残っているほど。

 

日本にも、8世紀ごろには、渡ってきています。

 

古くから愛されてきたんですね。

 

そんなそら豆ですが、旬は4~6月という期間です。

 

ビールが飲みたくなる時期に、おつまみとしても活躍してくれますね★

 

 

そら豆の栄養価

豆の一種ということで、
そら豆は、多くの植物性たんぱく質を多く含んでいます。

 

同時に、女性に嬉しい食物繊維も多く含んでいるので、
便秘にも効果があります★

 

またビタミン、ミネラルとして、
ビタミンB1、B2、カリウムや鉄も豊富です。

 

鉄や銅を含んでいるので、
貧血にも効果があります。

 

便秘や、貧血に効果がある強い味方です。

 

またビタミンB1は、糖質がエネルギーに変わるときに、必要な補酵素の役割をしてくれるので、
疲労回復にも効果があるとされています★

 

カロリーも5粒で、20kcal程度と、低めなので、
ダイエットにも向いています。

 

女性は、特に接種したい栄養価が多く含まれていますね^^

 

 

そら豆の茹で方

82d4273174bfbcb00bc7a79f6147051e

では、ここで、そら豆の簡単な茹で方を紹介します。

 

1・まずは、そら豆をさやから外し、
包丁で黒い部分に切り込みをいれます。

 

切り込みを入れておくと、あとで薄皮がむきやすくなります^^

 

2.水を1リットルを沸騰させ、塩大さじ2杯をいれます。
これに酒を100ccいれます。

 

そしてそら豆を入れて茹でます。

 

時間は2分程度です。

 

sponserd link


3・茹でたらすぐにザルにあけて冷まします

 

これだけです。
意外に簡単に調理することができるので、
かなり手軽ですね♪

 

注意点として、そら豆は、すぐに鮮度が落ちてしまうので、
さやから出すのは、調理をする直前が好ましいです。

 

 

なので、スーパーなどで買うときは、
さやから出ている、そら豆ではなく、
さやに入ってて、さやの緑色が濃く、弾力があるものを
選ぶのが理想です★

 

 

おつまみにも最適なそら豆、
旦那さんのおつまみにも!

 

 

そら豆の簡単レシピ

茹でるだけではなく、そら豆には、美味しいアレンジレシピもあるので、
参考までに。

 

ちなみに、そら豆は、茹でるだけでなく、
揚げたり炒めたりしてもおいしいんです。

 

アレンジを加えて、克服してみるのも良いかもしれません。

 

そら豆とカリカリ豚のにんにく炒め

 

1・そら豆を茹でて、皮をむいておきます

 

にんにく2片、豚バラ3枚を1cm幅くらいにカットします。

 

2.フライパンで豚バラに塩を振ってカリカリになるまで炒めます。

 

このとき、油はしかなくて大丈夫です。

 

 

3.豚バラをいったん取り出して、
フライパンに残った余分な脂を拭き取ったら、
オリーブオイルを熱し、にんにくを炒めます。

 

にんにくの香りがでたところで、
そら豆をいれ、軽く炒め、
最後に、豚肉を戻して完成です!

 

ビールと相性がいいので、
こちらも、旦那様のおつまみに最適です。

 

 

まとめ

そら豆は、栄養価も高く、料理に活躍できます。
栄養価が高いので、苦手と思っている方も、
ここはぜひ克服したいところですね♪

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ