かんぱち【間八】は出世魚なの?さばき方は?英語では?

Sponsord Link

かんぱち1

皆さん かんぱち はお好きですか?

私は白身全般大好きなので、かんぱちも大好きです!

ぶりやかんぱち、はまちに真鯛・・・

色々な白身のおさかながありますね♪

さて、そんなかんぱちですが、

出世魚なの?と思う方も結構いらっしゃると思います。

出世魚とは、成長とともに呼び名が変わる魚のことです。
そういえば、かんぱちやぶりって似ているかも?

そんな疑問を解決していきます!

また、さばき方などもご一緒に紹介していきますね♪

□かんぱちとは

全世界の暖海域に分布する魚です。

成魚は1m前後の全長に、体重60kgの重さになります。

出世魚のひとつで、呼び名が成長とともに変わります。

関東では、

ショッコ(35cm以下)→シオゴ(60cm)

→アカハナ(80cm)→カンパチ(80cm以上)

関西では、

シオ(60cm)→カンパチ(60cm以上)

など、大きさによって呼び名が違うんです。

地域によって大きさの差はあるものの、

最終形態はカンパチで統一されていますね

つまりカンパチは、そこそこ大きな、

しかも高級魚ということなんです♪

また、他にぶりなども出世魚ですね。

カンパチは、出世魚御三家の一つと言われています。

ちなみに旬は夏~初秋にかけてです。

□さばき方

かんぱち_さばく

それでは、早速さばいていきましょう♪

他の魚と同じく、3枚おろしにしていきます。

☆エラを切ります

エラぶたを上にあげたところに包丁を差し入れます。

エラの下側にある膜を切り離します。

そして、喉辺りを切りましょう。反対側も同じです。

☆お腹を切ります

切ったエラぶたの付け根からお腹に包丁を入れます。

そして、肛門まで一気に切れ込みを入れましょう。

この際、ハラワタを切らないように注意です!

☆内臓を取ります

身とエラ、ハラワタを切り離します。

エラとハラワタは繋がっていますので、

そのまま引っ張ってOKです。

☆カンパチを一度洗います

身を水につけすぎると味が落ちるので、

さっと洗うだけにします。

水で洗うのはこれで最後です。

これ以降は血はフキンを使いましょう。

sponserd link

☆三枚おろし

肛門から尻尾に向かって、皮だけをまずは切ります。

包丁の先が骨に当たって音がしますので、

その骨に沿って切り開いていきます。

☆背びれの方を処理します

同じくまずは皮だけを切ります。

そして包丁を上側の身と、骨の間に入れます。

尻尾から頭、頭から尻尾と繰り返し包丁を入れ、

中骨まで切り開きましょう。

☆上側の身を中骨から切り離します。

頭と繋がっている部分を切って、

尻尾と繋がっている部分を切ります。

そして包丁で背中とお腹を突き通して、

中骨の上を滑らせながら身を切り離します。

反対側の身も同じくおろしましょう。

これで身が二切れ、中骨、といった

三枚におろすことができました!

綺麗にできるようになるまで、

私は実に3尾ほどお世話になりました(笑)

 
カンパチをさばいてみませんか?
 
 

□カンパチって英語で何て言うの?

かんぱち_英語

海外にもカンパチってあるんでしょうか?

と思って、少し調べてみました!

カンパチは英語で、

「Greater amberjack」

もしくは

「Great amberjack」


というようです。

辞書にも載っていたのでそれはつまり、

海外に行っても食べれるってことですね?!

これで白身好きな方も安心ですね♪

□最後に

出世魚について色々と調べてみましたが、

結構地域によって呼び方が変わるんですね。

カンパチもその一種なので、

大きさによって値段も変わるということも同様なんです!
お刺身はもちろん、お寿司のネタや

照り焼きやあら煮、

贅沢にフライにしてもおいしいですよ♪

きっと自分でさばいてみているうちに、

食べたい姿がイメージ出来てきますので、

欲望の赴くままの調理法をしましょう!(笑)


それでは、今回はここまでです(´▽`)ノ

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ