えんどう豆の育て方や保存方法は?種類の秘密や効能を調べてみた!

Sponsord Link

えんどう豆

皆さん、そろそろえんどう豆が市場に出回ってきますね!

マメ類の中では寒さに強いため、

越冬野菜のひとつとして数えられているえんどう豆。

寒冷地などではそろそろ種まきをして、収穫は夏ごろになります。

中間地と、暖地では種まきは冬の10月ごろにします。

そして、収穫が大体4月ごろからなんですよ♪

今回はそのえんどう豆の育て方と、

保存方法などをご紹介していきます!

また、種類や効能についても調べてみました!

なので、是非最後までご覧になってください♪

□えんどう豆について

えんどう豆は、中央アジア・中近東が原産国です。

日本へやってきたのは明治初年ごろ。

その後は急速に日本国内で広がりました。

咲く花が美しいこともあり、

支柱につるを這わせて絡ませたりすることで、

春の菜園の彩りに利用したりします♪

☆育て方

えんどう豆は連作に弱いうえに、酸性土壌が苦手です。

種をまく場所には、マメ類を4~5年ほど

作っていない新しい場所を選びましょう。

また、大きな株の状態で越冬させてはいけません。

寒さで傷んでしまうので、適切な大きさの株で越冬させましょう。

☆種まき

種まきの時期はとても大切です!

今回は中間地・暖地で育てることを前提としてご説明していきます。

種まきは、 10月中旬~11月上旬 が適期です。

苦土石灰を1㎡あたり150g散布させ、

十分すぎるというほど耕します。

株間が30cmになるようにまき穴をあけ、

1か所に4~5粒の種をまいていきます。

発芽する頃になると鳥からの被害を受けやすくなります。

べたがけなどで覆い、襲撃に備えましょう。

☆管理

水やりは、乾燥が激しい場合にたっぷりと与えてあげます。

間引きや土寄せも大事です

発芽したら、生育のよいものを3株残して、あとは間引きます。

本葉が3~4枚のときに、株元に軽く土寄せします。

そしてさらにワラを敷いておくと 乾燥と防寒対策 になります。

12月下旬~2月は、寒さが厳しいですね。

えんどうの北側、あるいは西側にササ竹を立てて防寒、

霜よけを施します。

2月に入ってつるが伸びてきたら、

支柱やネットを立てておくとつるが絡んでいきます。

☆収穫

えんどう豆は、実がふくらみはじめれば収穫できます。

種類によっても違いますが、

絹さやは開花後25日くらい、

スナップエンドウは開花後30日くらい、

グリーンピースは開花後40日くらいです。

 

sponserd link

□えんどう豆の種類

えんどう豆には種類があります。

今回はその品種と特徴についても、

ご説明していきますね♪

☆キヌサヤエンドウ

絹さや

えんどう豆を若取りしたものを、

絹さやと呼びます。

大きさは5~7cm

食べる部位はさやで、味はほのかに甘いです。

☆オランダサヤエンドウ

普通のサヤエンドウよりさやが大きめです。

主に関西地方などで多く食べられています。

☆サトウサヤエンドウ

名前の通り、一般的なサヤエンドウより糖度が高目です。

絹さやよりふっくらとしていて、

スナックエンドウより皮が薄め。

とても 糖度が高く 、炒めるとすぐにわかるほどです♪

☆スナップエンドウ

スナップエンドウ

絹さやより少し大きく、7~9cm

食べる部位はさやと、マメ。

甘みがより絹さやより強めです。
 

□えんどう豆の保存方法は?

ちなみにえんどう豆は、そのまま冷凍庫に入れてもOKです。

しかしやはり味の劣化は伴ってしまいます・・・。

そこで、もう少しひと手間かけた保存の方法をご紹介します♪

えんどう豆の皮を剥き、

たっぷりの沸騰したお湯で色が変わるまで茹でます。

その後ザルにあげ常温で冷まします。

そしてジップロックなどで保存します。

なんとこれだけです!

2~3か月は変わらず美味しくいただけますよ♪

□えんどう豆の効能について

色もさることながら、見た目も緑黄色野菜ですね。

そのまま食べるので、 カロテンなどを沢山摂取できます。

・カロテン

動脈硬化や心筋梗塞の予防に♪

生活習慣病から守ってくれる素晴らしい栄養素です。

皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果も持ちます。

・カリウムをはじめ、ミネラルが豊富


・ビタミンB群も豊富

おもにビタミンB1やB2を多く含みます。

必須アミノ酸のリジンも含んでいるんです!

・ビタミンC、糖質

さやえんどうにはビタミンC、

グリーンピースにはかわりに糖質が多分に含まれています。

・食物繊維も豊富!

整腸効果があるので、ダイエット中などにもおすすめ!

 

□最後に

実は沢山の種類や役割を持つえんどう豆。

地域によって呼び方が違ったりもしますが、

昔から日本全国で食べられています。

寒冷地の方はこれからちょうど種まきができます♪

中間地・暖地の方々はそろそろ市場に出回っていますね。

料理の方法も様々ありますので、

是非いろんな料理に組み込んでいきましょう♪

ちなみに私は毎年育てています!

寒冷地在住なので、そろそろ風物詩として、

えんどう豆のつるが巻かれていくことでしょう(笑)

それでは、今回はここまでです(´▽`)ノ

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ