うぐいす餅の作り方レシピやカロリーは?おいしい季節や由来は?

Sponsord Link

uguisumocc

四季折々、日本には数多くの 和菓子 があります。
一年中食べられる 大福 どら焼き
その季節季節に合った上品な和菓子もありますね。
春になると和菓子屋さんに並ぶ「 うぐいす餅 」も大好きです♪

<うぐいす餅の由来や美味しい季節は?>

うぐいす餅って?

あんこを求肥などで丸く包み、
それを楕円形に形成して「うぐいす」の形にした和菓子
です。
一般的には 青大豆から作る「うぐいす粉」(きな粉)をまぶして仕上げ ます。
最近は、生地自体に「よもぎ」などを混ぜて、
うぐいす色にした餅に、
きな粉をまぶすものもあります。
春先の1月~3月 に、
和菓子屋の店頭に並びます。
餅菓子なので早く食べないと、
すぐに硬くなって しまいます。

うぐいす餅の由来は?

天正年間(1580年代)に、
郡山城(現在の奈良県大和郡山市)の城主だった 豊臣秀長 が、
兄の豊臣秀吉を招いて開いた茶会 の際、
珍菓を作れ 」と発注したことが由来とされています。
当時、御用菓子司だった 菊屋治兵衛が創作献上 し、
この餅をとても気に入った 秀吉が「うぐいす餅」と命名 したと言われています。

とても簡単なお菓子なので、
おうちでも手軽に作れます♪

azukimizunir19LP320

<うぐいす餅簡単レシピのご紹介>

材料(10個分
白玉粉 75g
水   100㏄
砂糖  大さじ4
うぐいす粉(普通のきな粉でも可) 大さじ4
あんこ 200g

生地にいれる砂糖や中に入れるあんこの量にもよりますが 1つ約100カロリー程度 です。

sponserd link

作り方

 鍋に水と白玉粉と入れて、 弱火にかけながら木べらでゆっくり 混ぜる。
 粘り気が出てきたら 砂糖を少しずつ加え 、さらに練りながら混ぜる。 もちもち感が出て透き通ってきたらOK
 鍋から餅を取りだし、うぐいす粉を広げておいたパッド(皿)に移して 粗熱をとる
 粗熱が取れたら、包丁か スケッパーなど 10等分 に分ける。
 ひとつを手にとり、手のひらの上で伸ばし広げて、中央にあんこを乗せ、 生地をまわりから引き寄せるようにしてつまみながら あんこを包み込む。

7e438fee6ee52dc2183987acdeca163e

 他の9つも同じように作り、皿の上に並べ、その上から うぐいす粉(きな粉) をたくさんまぶしかけて出来上がり。

包み方が上手になったら うぐいすの形に仕上げる のが本来の形です。


<ひな祭りにはぜひうぐいす餅を!>

うぐいす餅は、桜餅と並んで「 春の和菓子 」の代表ですね。
3月3日のひな祭り には、
お客様に ピンクの桜餅と薄緑色のうぐいす餅 を並べてお出しすると、
春らしいおもてなし で、とても喜ばれると思いますよ♪

0102-b

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ