いわしの種類には何がある?うるめいわしの食べ方は刺身がおススメ?

Sponsord Link

うるめいわし3

普段何気なくスーパーや市場で眺めるいわし。

実はそのいわしにも種類があるって知っていましたか?

今回はそのいわしの種類について、

詳しくご紹介していきます♪

また、うるめいわしの食べ方のおススメも、

一緒に紹介していきますね(´▽`)ノ

□いわしの種類

さて、一般に言えば三種類に分けられるイワシ。

マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの三種類ですね。

それぞれについてご説明していきます。

うるめいわし

☆マイワシ

マイワシはニシン科ニシン属に類されます。

厳密にはいわしというくくりよりも、ニシンの項が正しいのかもしれませんね。

資源の変動が大きいことで有名です

数十年周期で増減を繰り返すんですね。

昭和の終わりごろには安価な魚だったのですが、

今ではどんどん漁獲量が減って高価になってきています。

マイワシが増えるとカタクチイワシが減って、

マイワシが減るとカタクチイワシが増えるんですって。

す、すっごく不思議ですね・・・(笑)

☆カタクチイワシ

このいわしは、私たちの食料のみならず、

食物連鎖の上でもとても重要な魚です

ちなみにこのカタクチイワシのこどもが、

シラスなんですね♪

最も多い利用法は煮干しなどの干物。

群れて密集隊形を作って回遊しているので、

一度にたくさん獲れるんですよ~。

めざしやアンチョビなどに使用されることが多いです。

☆ウルメイワシ

こちらはマイワシより大きくなります。

成魚は全長30cmほどにもなります。

小型のものはカタクチイワシと同様煮干しにされます。

大型個体もほとんどがめざしや丸干しになって、

市場には出回っているんですね。

ですが新鮮なものは刺身や塩焼きで食べられます。



 

□うるめいわしの食べ方について

さて、上記のいわしの中で一番大きなうるめいわし。

なんといっても塩焼きが美味しいのですが、

刺身の貴重ゆえの新鮮な味は、とても捨てがたいもの。

・・・ということで、お刺身にする方法をご紹介していきます♪

1.最初に鱗をとっていきます

包丁の先端で、こそげるように取っていきましょう。

2.頭から包丁をいれます

頭から胸ヒレの下まで、少し斜めに切り落としましょう。

3.腹を切ります

腹の皮は硬いので一緒に切り落としてしまいます。

4.包丁を腹の中へ


先端を腹の中へ差し込み、ワタをかき出します。

この際、刃を立てすぎると身を損傷してしまうので注意です。

ある程度ワタをかき出したら、肛門の部分で切り離します。

5.水洗いします


血合いもキレイに流しましょう。

しっかりとキッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

6.尾ヒレを切り落とします


ここまでが下準備です!

そしてここから、おろしていきますよ~!

sponserd link


1.頭部の骨の部分に包丁を当てます


そのまま中骨に沿って尾まで切り、開きます。

2.中骨を取ります

刃を気持ち上に向けて包丁を中骨と身の間に入れて、

少し前後させながら骨を取り除きます。

これで開きが完成です!

次に、お刺身なので皮をむく方法についてです。

1.背びれの付け根に切れ目をいれます

付け根の固い部分に包丁で切れ目を入れておくと、

皮をむくときにやりやすくなるんですね♪

2.両側の腹骨を取り除きます

すくようなイメージで腹骨を取り除きましょう。

3.皮をむいていく

背びれの付け根に入れた切れ目に親指を入れ、

一気に指で皮を剥きとりましょう。

怖々せず、一気にやってやりましょう!(笑)

これで完成です!

あとは適当な大きさにカットして、

つまと大葉、海藻なんかを添えて盛りつけるだけ♪

うるめいわし2

盛りつけ方で簡単にお洒落なおつくりができますので、

自分なりの盛りつけ方を見つけてみてください!

□最後に

いわしと一口で言っても色々あります。

それぞれに料理の役割があって、それぞれが長所を持っていますね。

中でもうるめいわしは大きく、食卓の花になりやすい魚です。

お刺身を一品食卓に並べるだけで、一気に華やかになりますよ♪

今年は是非、買ったいわしを刺身で食べてみるのも、

更に自分でさばいてみるのもよいのではないでしょうか!

それでは今回はここまでです(´▽`)ノ

★こちらの記事もどうぞ
いわしの下処理や開き方はどうする?内臓の取り方は?

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ