あざを治したい!転んで足や腕にできてしまった青あざの効果的な治し方

Sponsord Link

今日はあざをテーマにしていきたいと思います^^

 

気づいたら脚にあざが…青あざが目立って、おしゃれできない…
など転んでしまった後に思う方も多いのではないでしょうか。

 

転んだ記憶がないのに、こんなところにあざがと思った経験ありますw

 

他人は気が付かないかもしれませんが、
なぜか自分で異様に気になってしまう…

 

特にこれからの時期は薄着になるので、
あざが目立ちやすくなりますよね。

 

なるべく早く治したい…そんな早く治したい青あざの
効果的な治し方についてまとめてみました。

illust3508

 

青あざができる原因

 

転んだからあざができる…
というわけではなく、
人によって、あざができやすい、できにくいというものがあるようです…

20140527_1156341

 

1・ビタミンPが不足している

青あざができやすい原因として、
血管がもろくなっているというのが
理由として考えられます。

 

血管がもろくなる原因の一つとしてあげられるのが、
このビタミンPの不足があげられます。

 

ビタミンP…聞きなれない言葉ですよね。
ビタミンPというのは、へスぺリジン、ルチン、エリオシトリンという
ビタミン様物質の総称です。

 

ちなみに、へスぺリジンという成分は、みかんに、
ルチンは、山芋、エリオシトリンは、
レモン果汁に含まれます^^

 

 

2・ホルモンバランスが崩れている

 

血管がもろくなっている理由として、
ホルモンバランスが崩れているというのもあげられます。

 

ホルモンバランスが崩れていると、毛細血管が切れやすく、
そのせいであざができてしまうことも…

 

男性は、筋肉量が多いので筋肉が止血してくれるのですが、
女性は、筋肉量が少ないため、
男性よりも、あざができやすくなっています。

 

そのほか、女性は冷え性になりやすいので、
その結果、血管がもろくなってしまう…とも
考えられます。

 

 

青あざの治し方

1・アイシングを行う

蒸しタオルで頭皮のベットリした脂と臭いをとる!

ぶつけて3日間以内であれば、アイシングが有効です。
患部を冷やすことで、血液の流れを抑制し、炎症を
抑えることができます。

 

炎症が抑えられるので、早い回復ができます。

 

保冷剤などをタオルで包み、患部に当てるのが良いでしょう。

sponserd link


2・温かいタオル
あざができてから時間がたち、なかなか治らない場合は、
冷やすのではなく、温めるのが効果的です。

 

温めることで、血行を促進します。

 

方法としては、36~37度のぬるま湯にタオルをつけて、
絞って患部に当てるようにします。

 

 

3・食事療法

青あざができたときには、鉄分やビタミンCを積極的に
摂取するようにしましょう。

 

鉄分やビタミンCを多く含む食品として、
鉄分はプルーンやレバー、ひじきに多く含まれています。

 

ビタミンCは、アセロラやレモンなどの果物、野菜をとるようにしましょう。

 

 

4・入浴や半身浴を行う

温かいタオルで患部を温める方法に近いのですが、
ぬるま湯につかることで、治すのに効果があるといわれています。

 

温かいタオルのときと同様に、タイミングとしては、なかなか治らないとき、
腫れは引いているのに治らない時のタイミングが良いです。

 

青あざができてすぐの場合は、お風呂に浸かることで、
血行の促進をしてしまい、逆効果です。

 

なので、腫れがひいてから、行うようにします。

 

全身の血行を促進することで、
効果があります。

 

 

まとめ

青あざができやすい人は、普段から、食事にも気を使って
みると、通常よりできても治りやすくなります。

また、転ばないように日頃から足元に
気をつけましょう★

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ