【厄払い】祈祷料の金額はどのくらい?服装やのし袋は何が最適なの?

Sponsord Link

yakuyoke top

誰もが、一生のうちに何度か迎える「 厄年 」。
自分がその歳を迎えると、
やっぱりちょっと気になっちゃいますよね。

でも実際にお祓いを受けるときになって、
どこでどんなふうにしてもらうのか?
費用はいくらくらいかかるのか?
どんな格好で行けばいいのか?

などなど、気になることがたくさんでてきます。

今日は「厄払い」について、
少しだけお話ししたいと思います。

 

<厄年っていつ?>

厄年の年齢は男女で異なります
また、本厄を挟んで、
前厄 後厄 があるので、
実際には 前後の3年間は注意したい時期 に当たります。

男性本厄

25歳、42歳、61歳
特に日本では不吉なナンバーと言われる、
42歳(シニドシ)は大厄 と言われ、
どの厄年よりも注意が必要と言われます。

女性厄年

19歳、33歳、37歳
女性の場合には 33歳が「サンザン」 と言われ、
この歳が大厄 に当たります。

大厄の男性42歳も女性33歳 も、
考えてみれば、
男女ともに人生の中でも、
なかなか 忙しい年齢 に当たります。
男性は働き盛り、
女性はおそらく子育てがピークの時期
かもしれません。
そういう意味でも もっとも注意が必要だよ!
という 注意喚起 なのかもしれませんね。

<祈祷料の金額は?>

厄払いをしていただくには 「祈祷料」(御祈願料)が必要 です。

お寺の場合は「御布施」(おふせ) といい、
神社の場合は「初穂料」(はつほりょう) と言います。

一般的な金額ですが、
3,000円~10,000円の間くらい がいいでしょう。
厄除けで有名な神社などでは、
金額が指定されているところもありますが、
それ以外なら、
間をとって5,000円くらいが相場 ではないでしょうか。
合同祈祷などは3,000円というところもあるようです。
前もって自分が行く神社に問い合わせておくと安心です。

このお金を、そのまま 裸で差し出すのは失礼 に当たります。
それ専用の袋があるので、それに入れてお支払いしましょう。

<どんな袋に入れるの?>

一般的には 紅白の水引がついている「のし袋」 を使いましょう。

御祈祷の受付に行くと、
所定の用紙をくれます。
住所・氏名・生年月日などを記入 して、
その 用紙と一緒に初穂料・御布施を渡しましょう

のし袋の書き方は以下を参照してください。

noshi

また、のし袋へのお金の入れ方ですが、
新札を用意 しましょう。
中袋がある場合には、
お金はその中袋に入れます
中袋の表に、
金額を漢数字・縦書きで中央 に書きます。

noshi1 nakabukuro

中袋がない場合には、
のし袋の裏側・左下 に、
住所・氏名と一緒に、
祈祷料の金額を書き添えて
おきましょう。
旧字体 を書くのが正式なマナーです。
しかし最近は 略式 で書く人も増えてきました。

また、どうしてものし袋がない場合には、
もちろん 普通の封筒を使ってもかまいません

sponserd link

<どんな服装で行ったらいいの?>

特に「これじゃなきゃダメ!」という決まりはありません。
しかし、一生のうちに何回かだけの特別な日なので、
気持ちを引き締めるためにも、
普段着ではなく「それなりの恰好」をおススメします

男性の服装

黒か濃い目の紺色スーツ(上下同じ色) が望ましいと思います。
ネクタイは黒か白 がいいでしょう。
あまり派手な色でなければ、
それほど 神経質になることもありません
靴はできれば 革靴 で。
御祈祷の際、
靴を脱いで拝殿に上がる場合もあるので、
靴下 にも気を配りましょう。

女性の服装

フォーマルなワンピースかスーツ が望ましいでしょう。
色はやはり 黒か濃い目の紺 が適しています。
パンツでも問題はありません。
スカート丈は短すぎず
またあまり 高いヒールは好ましくありません

厄払いをしていただき気持ちよく安心して過ごしましょう!

もちろん、そもそも「厄」なんて気にしていない人も多いと思います。
でも、歴史を紐解いてみると、
日本には平安時代からこの「厄払い」という風習がありました
それなりに意味があるからこそ、
現代もこうしてこの慣習があるのだと思います。

大厄の年だけ厄払いをする人
災いが来る前に前厄のうちにお祓いしてもらう人
前厄から3年間連続で御祈祷をお願いする人
様々な人がいて、いろいろな考えがある と思います。
でも、先にも述べたように、
それぞれの厄年は、
それぞれに人生の中で忙しかったり、
いろいろなことが起きる歳に当たっているような気がします。
気を付ける 」という意味でも、
改めて気を引き締める 」という意味でも、
たまには神社やお寺を訪れて、
厄落としをしてもらうと、
それだけで 安心で毎日を過ごせるのかもしれませんね

★こちらの記事もどうぞ
住吉大社の縁結びや安産祈願のご利益は?子宝に恵まれると話題の神社

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ