「余寒の候」はいつの挨拶?寒見舞いの意味や時期とは?

Sponsord Link

download

プライベートあるいはビジネスの場面でも、
手紙を書くとき、
文頭にちょっとした 季節の挨拶 を入れると、
気が利いたお洒落な手紙 を書くことができます。

まだ 寒さも残る春先のお便り には、
どんな季節のご挨拶がいいでしょう?

ココでは、
「余寒の候」(よかんのこう) の使い方をご紹介したいと思います。

<いつ使える「余寒の候」?>

「立春」から2月末くらいまでに使える季語となります。
「立春」とは「節分の翌日」のことで、
2月4日ごろ のこと。
暦上では「春」を迎える日ですが、
まだまだ「 寒さが余っている(残っている) 」、
という意味から「余寒」が使われます。
この時期は「寒の戻り」と言って、
暖かくなったと思ったら、
急に寒さがぶり返す時期でもあり
残寒 」「 寒中
などの季語も使われます。

ac_fukujyusou400-300x400

<文中での使い方は?>

まずは基本ですが、
時候の挨拶は文頭 に入れましょう。
こうした時候の挨拶を使った文章では、
書き出しに「 拝啓 」とし、
その次に時候の挨拶
ここでは「余寒の候」と続きます。

文章の流れ

・拝啓
・時候の挨拶(余寒の候)
・相手の方の近況など様子うかがい
・日ごろの感謝など伝えたい内容
・こちらの近況など
・余寒の時期の相手の方へのカラダを気づかう文章
・最後の〆の言葉


sponserd link

ビジネス文書の例

拝啓 余寒の候、貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
拝啓 余寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
拝啓 余寒の候、平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

プライベートの手紙の例

拝啓 余寒の候、みなさまお変わりなくお過ごしのことと存じます。
拝啓 余寒の候、その後いかがお過ごしでしょうか?
拝啓 余寒の候、ご家族のみなさま、風邪など召されずにお過ごしでしょうか?

<この時期の他の時候の挨拶>

「余寒の候」は、
立春から2月末くらいまでの間に使える挨拶ですが、
他にはどんな挨拶 があるでしょう?
暖かくなったり寒さが戻ったりのこの時期には、
「寒明」「立春」「春寒」「向春」
「初春」「早春」「春浅し」

などの季語も覚えておくといいでしょう。

85d9b36931cb2d0b606b6a69a612d12a

<この時期の手紙の結語は?>

手紙の終わり には、
相手の方を気づかう言葉を忘れず、
上手に 結語 を使って、
スマートに〆る ことができるといいですね。
・立春とは申しますが、まだまだ寒さが残ります。くれぐれもご無理などなさらぬよう。
・まだまだ寒さが厳しい折、くれぐれもご自愛くださいませ。
・○○さまのいっそうのご発展とご活躍をお祈りしております。
・年度末に向けて何かとご多忙かと存じますが、くれぐれもお身体を大切に、ご無理なさりませんよう。

<手書きのお手紙は暖かい>

春はそこまで来ているのに、
2月はまだまだ寒さが厳しく、
桜の季節が待ち遠しい微妙な季節 です。
そんなときに、
ハガキ一枚でも手書きの便りが届くと、
ふと心が温まる思いがする ものです。
メールやらLINEやらで、
簡単に連絡事項を済ませてしまう今だからこそ、
季節のご挨拶を添えて、
手書きのお便りをしてみましょう

きっと喜んでもらえるに違いありません♪

3edf5acdd89e17b62b17


★こちらの記事もどうぞ
2月の季節の挨拶(時候)の書き出しや結びの言葉はどうする?晩冬の季語を使って手紙を書こう!

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ