鬼まんじゅうの由来とは?名古屋駅ではどこで買える?おススメは?

Sponsord Link

皆さんは、鬼まんじゅうというお菓子を知ってますか?

名古屋生まれ、名古屋育 ちの人なら、
当たり前に知っているお菓子なので、
全国的に知られていないことで
逆にビックリなのです。

素朴なお菓子で、
おばあちゃんがよく作ってくれました。

小学校の家庭科の調理実習で
鬼まんじゅうを作ったことも
愛知県内では珍しいことではありません。

お店でも売っている鬼まんじゅうなので、
名古屋に立ち寄ったら、
ぜひ一度味わっていただきたいです。

鬼まんじゅうの由来


鬼まんじゅうがいつからあるのか、
どうして 鬼まんじゅう と呼ばれるのか、
名古屋の人間は、たぶん考えたこともないでしょう。

鬼まんじゅうは、 鬼のようにウマいとか?

鬼ウマいなんて言葉は、
最近の造語なので、
昔からある鬼まんじゅうには関係ありません。

鬼まんじゅうは、
サツマイモ を角切りにして、
上新粉や薄力粉の生地と混ぜて、
蒸しただけの素朴なお菓子です。

ゴロゴロの角切りのサツマイモ が、
生地から出ている部分もあり、
ゴツゴツ とした見た目が特長です。

そのゴツゴツしたビジュアルが、
鬼の持っている金棒に似ている というのが、
諸説ある中の由来として有力です。

いつから鬼まんじゅうが食べられていたのかは、
ハッキリわかっていません。

戦前にはすでに食べていたと
私は祖母から聞きました。

sponserd link


鬼まんじゅうの美味しいお店


鬼まんじゅうは、高級な和菓子ではありません。

庶民的なお菓子 ですから、
お店で買うのも、高級和菓子店じゃなく、
普通のスーパーでも売っています。

家で作ることもカンタンなので、
わざわざお店で買うことがない人も多いでしょう。

でも、遠方から名古屋を訪れた方や、
帰省した時には 名古屋駅周辺で買えると便利 です。

名古屋で鬼まんじゅうの有名なお店と言えば、
覚王山のそばにある梅花堂 ですが、
名古屋駅周辺では、デパ地下もしくは
地下街にある和菓子屋さんになります。

地下街は、複雑な構造になっているので、
時間に余裕のない時は迷子になるかも知れないので、
駅に直結した百貨店の地下がおすすめ です。

名古屋駅ツインタワービルの JR高島屋地下1階の
浪越軒さん
は、黒糖の鬼まんじゅうも美味しいです。

こちらの浪越軒さんは、
近鉄百貨店にも出店しています ので、
関西から近鉄を利用する方には、
こちらの方が便利かも。

名鉄百貨店 には、
不朽園さん、小ざくらや一清さん、
おいもやさん吉芋さん
と、
三店舗あるので、食べ比べたい方にはおすすめです。




名古屋駅周辺は名古屋グルメ満載


高島屋、名鉄百貨店、近鉄百貨店とも
名古屋駅からすぐです。

デパ地下を巡れば、
手羽先や天むす、味噌カツ など、
名古屋名物 も買えますから、
鬼まんじゅうとフルコースで
名古屋グルメのお土産を揃えてみてはいかがでしょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ