木蓮(マグノリア)の育て方や剪定方法!種類は多い?花言葉は?

Sponsord Link

ふっくらとした花で、日本では木蓮という花木は、
原種はアジアやアメリカなど広い範囲に分布しています。

アジアの原種の木蓮と北米の木蓮を
交配させて作られたのが、
マグノリア と呼ばれれいます。

園芸用の品種のことは、
マグノリアと呼ぶようになっていますので、
木蓮とマグノリアは呼び方の違いだけと考えても良いわけです。





木蓮の名前の由来


原種の木蓮は、このような名前で呼ばれるようになったのは、
この 花のカタチ からです。

しかし、木蓮と呼ばれるようになる前には、
木蘭 」と呼ばれていたそうです。

花が 蘭に似ていたため にそう呼ばれたそうですが、
その後、よく見ると「 蓮の花の方が似ているのでは? 」となり、
次第に 木蓮 と呼ばれるようになったという説があります。

蘭の花と蓮の花と、どちらが似ているでしょうね。

木蓮(マグノリア)の育て方のポイント


木蓮の木は、一般的には大きく育ちます。
幅も広がりますから、
広いスペースが必要 です。

育てるのに適している場所は、
日当たりが良く、水はけのよいところ です。

木蓮(マグノリア)の園芸品種の中には、
半日陰を好むものもありますが、
一般的に、暑さ強いので
日当たりの良いスペースを選ぶようにしましょう。

鉢植えでは、大きくなると無理なので
地植えで育てる ようにしましょう。

sponserd link



木蓮の剪定など手入れの方法


木蓮(マグノリア)は、
植え付けした後は、土が乾き過ぎない程度に
時々水やりをしますが、
基本的には水やりの必要はありません。

必要な手入れは、花が終わった後に、
新芽が出る前に剪定 します。

大きく育ち、枝も広がりやすい木なので、
剪定は樹形を保つために必要な手入れです。



木蓮(マグノリア)の種類


木蓮には、原種も 約90種類 ほどあります。
その原種を交配させた園芸用の木蓮(マグノリア)など、
豊富な種類が楽しませてくれます。


【更紗木蓮】

白木蓮と木蓮を交配させて生まれた品種です。
木の高さは5メートルを超えて育ちます。
ピンク色の淡い花が4月ごろに楽しめます。


【白木蓮】

木の高さが10メートル以上になり、
木蓮よりも早く花が咲きます。
その名の通り、白い花を3月ごろに楽しめます。


【コブシ】

自生する木蓮の仲間です。
日本では各地で見られます。
花の大きさは5センチほどになります。


【ガールマグノリア】

木蓮とコブシのミックス品種です。
木蓮の仲間の中では、気の高さが3メートルくらいなので、
広いスペースがなくても植えられるとして人気です。

木蓮の花言葉


木蓮(マグノリア)の花言葉は

自然への愛 」や「 持続性 」や「 崇高 」など。

西洋から生まれた花言葉です。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ