堅あげポテトの作り方は?カロリーはどれくらい?種類はこんなにも!

Sponsord Link

カルビーの堅あげポテトは、
ポピュラーなポテトチップスと比べて、
パリッと感 が強く、その食感に特長があります。

普通のポテトチップスよりも、
堅あげポテトの方が好き な人も多いのでは?

堅あげポテトのこと
掘り下げてみたくなったので、
色々とまとめてみましたよ。


堅あげポテトはどうして美味しいの?


カルビーが堅あげポテトをはじめて商品化して
販売するようになったのは 1993年 からです。

それまでにあったポテトチップスとは違う製法で、
作られています。

その製法とは、アメリカで初めて ポテトチップスが
世の中に生まれた時の製法をヒント
にしています。

はじめてポテトチップスが誕生したのは、
19世紀の半ば 、アメリカです。

ニューヨークのあるホテルで、
お客からの要望で工夫されて作られたのが
ポテトチップスの始まりだと言われています。

当時は、薄くスライスしたジャガイモを、
丁寧に一枚一枚油で揚げて 作っていました。

その製法をもとにして作ったのは
カルビーの堅あげポテト 独自の製法 直火釜あげ 」です。

この独特の製法によって、
堅あげポテトは、 噛むほどに食感が楽しめる
今までとは違うポテトチップスに完成したわけです。

sponserd link


堅あげポテトにはどんな種類があるの?


堅あげポテトには、全国どこでも買える
定番味 があります。

さらに、季節限定、 期間限定 の商品から、
地域色が取り入れられた地域限定も多数 あります。

その種類は、現時点で確認できるだけでも
全14種類もあるんですよ。

アンテナショップでしか買えない味とか、
今までに発売されたすべての種類は
14種類を大きく超えると思いますよ。

全種類をご紹介しますよ。

・うすしお味
・ブラックペッパー味
・梅とごま油味
・鶏だしぽん酢味
・はまぐりだし味
・柚子こしょう味
・はちみつバター味
・のり味
・北海道バターしょうゆ味
・関東だししょうゆ味
・関西だししょうゆ味
・串カツソース味
・白えび味
・九州しょうゆ味

旅行のお土産 などに、
地域限定のご当地堅あげポテトは人気ですよ。

堅あげポテトのカロリー


堅あげポテトのカロリーは、
普通のポテトチップスとほぼ同じです。

うすしお味1袋(65g入)は 333kcal です。

ブラックペッパー味は 331kcal
のり味も同じく 331kcal です。

美味しいからつい食べ過ぎちゃって
あっという間に一袋食べちゃうと、
間食としては高カロリーですね。

堅あげポテトは自分で作れる?


堅あげポテトは、ポテトチップスが誕生した当初の
一枚一枚の手揚げの製法 をもとにしているので、
工夫すれば自分で作ることもできますよ。

堅あげポテトの作り方


堅あげポテトの 再現レシピ はいくつかありますが、
二度揚げする方法 と、 湯通ししてから高温で揚げる方法
比較的カンタンだと思います。

二度揚げは、スライスしたジャガイモを
120度の油 で表面から細かい気泡が出るくらいまで揚げて、
一度冷ましてから 180度の高温 で揚げるとカラッとします。

スライスしたジャガイモを 一度湯通しして
180度の高温で揚げる方法
もおすすめです。

いずれにしても、ポテトを大量に油に入れると
温度が下がってしまい、べタッとしてしまうので、
ポテトは少量ずつ入れるのがコツ ですよ。

最後に塩をふりかければOKなので、
作ってみたい方はぜひ挑戦してみてくださいね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ