君子蘭(クンシラン)の植え替えや株分けの方法や時期は?冬越しは?

Sponsord Link

君子蘭は、蘭という字が付いているので、
蘭の一種なのかと思っていたら、
そうではないのですね。

蘭ではなく、 ヒガンバナ科に属する のですって。

花の美しさもさることながら、
葉がとてもツヤツヤしていてキレイなので、
花の咲く季節以外にも楽しめる 多年草 です。

君子蘭の育て方など、ご紹介しましょう。


君子蘭の開花時期は?


君子蘭の原種は、南アフリカです。

育ちが早く、初心者でも
育てやすいことから、
園芸用に人気があります。

冒頭でも書きましたが、
花も葉も美しい ので、
見栄えが良いのが魅力です。

花の咲く時期は 3月~5月 です。

まだ少し肌寒い頃から咲き始めて、
初夏まで長く楽しめます。

30センチから50センチほどに育つ品種も多く、
屋内でも育てられます。
sponserd link


君子蘭は寒さには強いの?


南アフリカ原産なので、
暑さにはそれほど弱いわけではないですが、
強い陽射しには強くない ので、
直射日光が当たる場所は避けた方が良いです。

半日陰 の場所で育てるようにしましょう。

寒さには弱いので、
10度以下 になる季節には、
屋内に移動させて管理した方が良いです。



君子蘭の植え替え


植え替えは、 2年~3年に一度の周期 を目安にします。
時期は 4月~5月 ごろです。

植え替えする時には、古くなった土を取り除き、
根を観察して、傷んでいて黒くなっていたら取り除きます。

白い根は元気なので、
無理に根を崩して元気な根を傷つけないようにしましょう。

君子蘭の株分け


君子蘭を増やす方法は、種まきや苗で増やす方法もありますが、
植え替えのタイミングで株分け して増やすこともできます。

ただ、あまり細かく株分けすると、
根が付きにくいので、慎重に行いましょう。

君子蘭の育て方のポイント


君子蘭は直射日光に弱いので、
鉢植えで育てて、移動させて育てると
元気に育てやすいです。

同じ場所に置いている場合でも、
鉢を定期的に回して育てる
成長のバランスも良くなりますし、
葉や花が日焼けしてムラムラになるのを防げます。


君子蘭の水やり


君子蘭は、 乾燥には強い 植物です。

根が太いので、土の中の水分をしっかりと吸水して、
蓄えることができます。

つややかな葉も、 肉厚なので、
貯水する
機能がありますから、
水やりは適度にして、 乾燥気味 にして育てます。

春から秋までは、土の表面が乾いてきたら、
それから 二日から三日ほど待って から水を与えます。

冬は表面だけじゃなく、土がしっかり乾燥するまで
水やりをする必要はないので、
乾いた状態を好む植物だということを忘れないでください。

水やりのし過ぎは、根が腐りやすいので注意します。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ