ライラックの育て方!剪定や挿し木の方法は?品種や種類は?

Sponsord Link

小さな花が集まって咲くライラックは、
上品な魅力のある花です。

ヨーロッパで生まれたライラックですが、
今は日本でも色んなところで見かけます。

寒さに強いライラックなので、
北海道の公園などでよく咲いています。

寒い地方でも育てやすい花なのですよ。

ライラックの育て方などご紹介しましょう。


ライラックの名称


ライラックは、ヨーロッパで生まれたものですが、
日本ではライラックという名前よりも、
リラ 」の方が馴染まれていました。

ライラックもリラも同じ花のことなんですよ。

ライラックは英名 ですが、
リラはフランスでの呼び方 です。



ライラックの特長


ライラックは、枝の先の方に
多数の花を咲かせるものです。

とても 良い香り がする花なので、
芳香としても活用されているんですよ。

お家の中に飾ると、
芳香効果 があるとしても人気があります。

寒さに強いので、庭にも植えやすいです。
花の咲いている日数が長い ので、
庭木として楽しめると思います。
sponserd link

ライラックの育て方


ライラックは寒さには強いですが、
暑さには弱い ので、
強い陽射しが当たる場所で育てると枯れやすいです。

湿度が高いのもも苦手なので、
半日陰になる風通しの良い場所 で育てましょう。

苗から育てるのが一般的ですが、
品種によっては非常に背が高くなることもあります。

低い高さの品種もあるので、
庭やベランダで育てる場合は、
その場所のあったタイプを選びます。

ライラックの剪定


ライラックの剪定は、
5月~6月 ごろに行います。

ただし、ライラックの枝の成長は
それほど早くないので、
剪定は枯れた枝や伸びすぎてカタチを崩す枝だけにします。

あまり剪定をし過ぎると、
弱くなってしまうので注意が必要です。



ライラックの挿し木


ライラックの枝を土にさして育てる挿し木は、
3月~5月 ごろに行います。

枝に葉が 3枚以上 つけている枝を 15センチ くらい切り取ります。

活力剤をつけて土に差し込んで育てます。

挿し木をしたら、土が乾かないようにしましょう。

ライラックの挿し木から花が咲くまでは、
概ね 2年から3年 くらい必要です。


ライラックの品種


ライラックの園芸用品種として
主なものを見てみましょう。

【アルバ】

ライラックの種類の中では、
花が咲くのが早いのがアルバの特長です。
白くて可愛い清楚な花を咲かせます。


【ルブラ】

少し濃く、紅かかった紫の花を咲かせます。


【ビオラケア】

藤紫色で清涼感があります。


ライラックの植え替え


ライラックの根は成長が早いので、
鉢植えで育てる場合は、
2年~3年の周期で植え替え をします。

植え替えの時期は 10月から3月 ごろに行いましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ