ペンタスの育て方!寄せ植え・冬越しの方法は?花言葉は?

Sponsord Link

まるで小さな星が集まっているような、
そんな可愛らしい花を咲かせるペンタスは、
園芸用として育てるのに適しています。

品種も多く、
手に入れやすいので、
ペンタスの育て方のポイントなどをご紹介します。


ペンタスとは


ペンタスは、春から花が咲き、
夏の暑さにも強いので、
秋まで長く花を楽しめます。

花の色は、 白、赤、ピンク、紫 など、
色とりどりの種類があります。

花壇に植える花として
人気の高い植物です。

熱帯地域が原産なので、
暑さには強い反面、
冬の寒さには弱い
ので、
日本では一年草として育てるのが一般的ですが、
冬を越す方法もあります。


ペンタスの育て方のコツ


ペンタスは、日当たりの良い場所で育てます。
暑さには強くても、
湿度には弱い面があるので、
風通しの良いところ が適しています。

日当たりが良すぎてしまうと、
枯れる恐れもあるので、
夏に日差しが強いところでは、
半日陰 くらいでも大丈夫です。

ペンタスの日常の手入れ


水やりは、それほどこまめにしない方が良いです。
乾いてから与えるようにします。

庭や花壇に直に植えた場合は、
しっかり根が付いていれば、
よほど雨が少なくなければ、
水やりの必要はありません。

花の咲く期間が長いので、
花がら摘み はこまめにしてください。

剪定はいつしても大丈夫です。

切り戻しは、10月ごろに
花が終わってからにしましょう。

sponserd link

ペンタスの冬超しの方法


ペンタスは、地植えした場合では、
一年草 として扱いますが、
もともと温かいところでは
多年草ですから、 温度さえ保てれば
冬を越すこともできる
んですよ。

5度以下にならない環境を保てるなら、
そのまま冬を越せる可能性もあります。

鉢植え で育てるのなら、
冬の間に屋内に移動させます。

部屋の中で育てていれば、
毎年、きれいな花を楽しめる のですよ。

ペンタスは、花壇の寄せ植え にすると、
とても華やかになるので、
花壇で花を楽しんだ後に、
10月中に株を掘り上げても良いと思います。

>ペンタスの増やし方


5月から9月の間に、 挿し木で増やせます
枝を5センチから7センチくらい切って、
用土に挿して根をつけさせます。

ペンタスの種類


品種は豊富です。

グラフティーシリーズや
バタフライシリーズ、
ニュールックシリーズ
などが主な品種の分類です。

八重咲の珍しい品種 も出てきて、
ペンタスの品種だけで花壇に寄せ植えしても
楽しいと思います。

ペンタスの花言葉


ペンタスには、

願い事 」や「願いが叶う 」といった
花言葉があります。

このような花言葉の由来は、
きっと、星のような花が咲くからではないでしょうか。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ