ピスタチオの栄養価が高い!体に良い効果がたくさん、女性にもおススメ

Sponsord Link

今回は、ピスタチオをテーマにしていきたいと思います^^

 

ピスタチオっていうとどういうイメージを持っているでしょうか。

 

ピスタチオ=芸人という方も多いかもしれませんww

 

実は、ピスタチオは、かなり栄養価が高いことで、
有名なんですよね★

 

緑色をしていて、最近ではお菓子や、アイスなどに用いられることもある
ピスタチオですが、【 ナッツの女王 】と呼ばれるほど、
実はすごいんです!

 

今日はそんなピスタチオの効果についてみていきます。



 

ピスタチオとは…

 

 

では、まずピスタチオってどんなもの?ということで
簡単に説明していきます^^

 

ピスタチオは、実は落葉樹である、
ウルシ科ピスタキア属の一種で、トルコやカリフォルニアで栽培されています^^

 

ナッツの中でも、かなり栄養価が高く、おつまみとしても
知られていますが、
日本に伝わったのは、19世紀です。

 

 

ただ、日本には気候が合わないので、
栽培はされていません・・

 

 

ピスタチオに含まれる成分としては、
カリウム・鉄・銅などのミネラルの他、
β―カロテン不飽和脂肪酸のオレイン酸、必須脂肪酸のリノール酸なども
含みます。

 

 

栄養価が高いので、
カロリーも高く、100gあたり615kcalという驚異の
エネルギー元です…w

 

なので、食べすぎは避けた方が良いと言えますね。

 

 

ピスタチオの効果



 

では、具体的にピスタチオがどれくらい体内に効果をもたらしているのか
説明していきます。

 

1・便秘解消

女性にとってはありがたい、便秘解消という効果があります。

 

ピスタチオには、多くの食物繊維が含まれているため、
便秘解消に効果があるとされています。

 

また、不飽和脂肪酸も含んでおり、
胃腸の働きを活性化してくれます。

 

 

2・美肌効果

便秘解消をすると、肌に効果がありますが、
ピスタチオ自身に、含まれる成分がに効果があるとされています。

 

ピスタチオに含まれるミネラルやβカロチン、ビタミンE、ルテインには
抗酸化作用があるため、細胞の老化を防ぐことができます。

 

 

3・疲労回復効果

ピスタチオには、ビタミンB1が多く含まれています。

 

このビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換するのに大事な役割を
担っています。

 

ビタミンB1が、糖質をエネルギーに素早く変えてくれるので、
疲労回復に効果があるとされています★

 

 

4・生活習慣病の予防

ピスタチオには、オレイン酸、リノール酸が多く含まれています。

 

この不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やすとされています。

 

なので、コレステロール値を低下させてくれます^^

 

=動脈硬化や、高血圧の予防に効果があります。

 

 

5・貧血予防

女性で貧血気味の方は、多いですが、
ピスタチオは、貧血にも効果があるとされています。

 

というのも、ピスタチオは、鉄分を多く含んでおり、
この鉄はヘモグロビンを構成する成分となっています。

 

このヘモグロビンが体内に酸素を循環させてくれています。

 

また、ヘモグロビンをつくるためには、銅も必要ですが、
ピスタチオは、鉄も銅も含んでいるため、
貧血予防に効果が期待されます。

 

 

6・眼病

ピスタチオは、ルテイン、ゼアキサンチンという成分を含んでいます。

 

ルテインは、有害な紫外線やブルーライトを吸収してくれますし、
抗酸化作用もあるので、

白内障や黄斑変性の予防に効果があるとされています。

 

 

まとめ

ピスタチオはかなり多くの効果が期待できます。

 

最近では、スーパーやコンビニでも簡単に購入でき、
手軽に接種できますね。

 

ただ、エネルギーも高いので、
食べすぎには注意が必要です。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ