デンドロビウムの育て方!植え替えの方法や時期は?花言葉は?

Sponsord Link

とても種類が多いデンドロビウムは、
原種も1000を超えるほどあります。

ランの仲間の デンドロビウム は、
強いので、育てやすいと思われる反面、
育て方が難しいと感じる方も多いのです。

種類によって、 育て方のコツ が違うので、
そこを見分けるのもポイントになるのでしょう。

ココでは、デンドロビウムのなかでも
広く知られているノビル系 の育て方などをご紹介します。


デンドロビウムの育て方のポイントは水やり?


デンドロビウムは、水をたっぷりと与える期間と、
水を全くあげない期間が分かれます。

この時期を分けることが、
花を咲かせるための重要なことです。

これは、 ノビル系のデンドロビウムの原産地の自然の環境
できるだけ近くするためです。

sponserd link


デンドロビウムの栽培環境


デンドロビウムは、 気温が低い時期 を過ごした後に
花を咲かせます。

育てる場所は、3月下旬~11月上旬 までは
屋外に置いて育てます。

11月下旬から3月ごろ までの寒い期間には、
室内に移動させて、 日当たりの良い場所 を選びます。

日光のあたりやすい場所を好むのですが、
強い陽射しで葉が焼けてしまうことがありますので、
直射日光が強い真夏は、光を少し遮りましょう。

デンドロビウムの苗植え


種から 発芽させて育てる のは、少し難しい花です。
なので、 苗から育てる のが一般的です。

苗を植える時期は3月下旬~5月ごろ です。



デンドロビウムの植え替え


2年~3年に一度のペースで、
花が咲き終わった後に 植え替え をします。

季節としては3月下旬~5月ごろ です。

もしも、水やりを失敗してしまったり、
肥料を与えすぎてしまい、 根や茎が傷んで いて、
元気がないようなら、2年経たなくても植え替えします。

花が咲くのが遅くなったような感じがあれば、
植え替えのタイミング です。


花がら摘み


咲き終わって枯れた花は、できるだけこまめに 摘み取り ます。

その時、花茎からきちんと摘みましょう。
枯れた花をそのまま残しておくと、 株が弱る原因 になります。


株分け


株が大きくなりすぎたリ、状態が良くない時には、
株分けをすることもできますが、
注意していても、このタイミングで 枯らせることもある ので、
増やす目的で頻繁に行うものではありません。

デンドロビウムの花言葉


デンドロビウムは、種類がとても多いので、
花言葉 も一つではありません。

代表的な花言葉をご紹介します。

「わがままな美人」
「華やかな魅力」
「思いやり」
「真心」
「お似合いの二人」
など。

花言葉の由来も、世界各国で違うのですが、
わがままな美人 」というのが一番有名です。

美しい花を咲かせるためには、
少し難しい手間をかける必要があるので、
そんなことが花言葉の由来なのかも知れませんね。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ