チューリップの植え方や増やし方は?水やりは?咲き終わりの処理は?

Sponsord Link

チューリップは、子供のころから
童謡で親しまれているので、
小さな子供にも人気がありますし、
幅広い世代から愛される花ですね。

春の花としてみんなが大好きなチューリップについて
ご紹介したいと思います。



チューリップの植え方


チューリップは、 ユリ科の球根植物 です。

球根から育てるのが定番です。

植える時期は、秋です。
本格的に冬になる前に植えて春に咲かせます。

10月~11月 ごろに植えるようにしましょう。

球根から芽が出てくるまでに、
かなり時間はかかりますが、
根がしっかり生えている時間が必要なのです。

球根を植える土は、
有機質で、水はけのよい土 がおすすめです。
球根を植えるのに適している土が、
「球根用の土」として売っていることもあるので、
初心者の方には便利なものです。

球根の頭が2センチほどの深さ になるように植え付けます。
並べて植える場合は、 球根の間が球根の2個分ほどの間隔を
空ける
ようにして植えてください。

チューリップの育て方


チューリップは、春の花ですが、
冬の寒さには比較的強い ので、
雪や霜にさえ注意すれば、
特別な防寒対策は必要ありません。

日当たりの良い場所 を選んで置きましょう。

水やりは、土が乾かない程度にこまめにします。
寒さには強いですが乾燥には弱い ので、
日当たりの良いベランダなどで育てる場合は、
土が乾いていないかマメにチェックします。

sponserd link

チューリップの花が咲き終わった後の処理


花の終わりになり、花びらが散った後には、
花がら摘み をします。

花びらの散ったあとの子房を摘んでおかないと、
そこに種ができてしまいます。

種に栄養を吸収されてしまう ので、
球根に栄養が蓄えられなくなってしまいます。

花がら摘みは大切な処理なのですよ。

6月ごろ になると、葉が黄色く枯れてきます。

そうなったら、掘り返して土を落として球根を取り出します。

球根は 一個ずつに丁寧に分けて
ネットに入れて風通しの良いところで乾燥させて保管します。

チューリップを増やす方法


チューリップの球根を貯蔵しておけば、
その球根を植えてまた増やす ことができます。

小粒の球根が数個できるので、
それを分ければ増やすことができますが、
球根の大きさにバラつきがあると、
同じ時期に咲かないこともあるので、
大きさを揃えて分けて植えると良いでしょう。



チューリップの種類


チューリップが日本に渡ってきたのは江戸時代で、
本格的に生産されるようになったのは大正時代です。

品種改良も盛んにおこなわれています。

・一重咲早咲系
・八重早咲系
・メンデル系
・トライアンフ系
・ダーウィン系
・ユリ咲き系
・パイロット系


まだまだたくさんの品種があります。

切り花としても人気のあるチューリップです。
冬を超えて咲く春の花として楽しんでみましょう。

Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ