ガレットの正しい食べ方は?意味は何?英語での表記は?

Sponsord Link

オープンテラスのオシャレなカフェで、
ガレットで軽くランチをしている素敵な女性を見かけて、
「カッコいいなぁ」と思いながらも、
ガレットとクレープの違い さえよくわかっていない。

この頃、ガレットの専門店とか見かけるようになったし、
ガレットのことをちょっと勉強してみました。



ガレットとは


ガレットは、フランスの家庭料理
作られてきたものです。

ガレットとはフランス語なんですよ。

フランス語でも英語表記でも
同じく「 galette 」です。

ガレットというのは、丸くて薄く焼いた生地のことで、
フランス語で 小石のこと を「ガレ」といいますが、
この「ガレ」にちなんで ガレットと呼ばれるようになった のが、
この名前の由来だと伝わっています。

フランスでは、 丸く焼いた平たいパンケーキ のことは、
ガレットと表現するのですが、
日本では そば粉を使ったガレットが一般的に
知られている
ものです。

ブルターニュ という土地では、
小麦が育ちにくい痩せた土地が 多かったので、
痩せた土でも 栽培しやすいそば粉 の生産が盛んになり、
そば粉を使った料理やお菓子が盛んに 作られました。

ガレットは、そば粉以外の材料 で作ることもありますが、
そば粉を使い、クレープのような薄い生地に焼いて
料理やデザートに合わせるのが 伝統料理 となっています。

sponserd link

ガレットの種類


ガレットは、クレープと同じように、
生地だけを食べるわけではなく、
生地を様々な食材と組み合わせ たリ、
味付けをするなど、アレンジが豊富なので、
ガレット料理の種類は沢山あります。

ブルターニュ風ガレット が、
流行っているガレットのことです。

他にもクッキーのような ガレット・ブルトンヌ
お菓子として食べる ガレット・デ・ロア など、
地方や国によって、ガレットの味やスタイルも様々です。


ガレットの作り方


そば粉を使った基本のブルターニュ風ガレット は、
家でも作ることができます。

サラダやタマゴやチーズなどと組み合わせて、
朝食にもぴったり なので、ぜひ作ってみたいです。

基本のガレットレシピを見つけました。

【材料2枚分】

そば粉 40g
塩 ひとつまみ

◇牛乳 50ml
◇水  50ml
◇たまご Lサイズ1個

【作り方】

1.◇の材料をボウルに入れて混ぜ合わせる。
2.そば粉と塩に「1」を少しずつ加えてよく混ぜる。
3.ダマがなくなるまでしっかり混ぜて冷蔵庫で30分寝かす。

その間に具材などを用意しておきます。
マッシュルームなどキノコ類とチーズや、
ハム、ベーコンも相性が良いでしょう。

レタスやベビーリーフをカットして、
水気をしっかり切っておきます。

4.テフロン加工のフライパンを準備する。
5.加熱をして油をひく。
6.余分な油は拭き取っておく。
7.生地を半分流しいれる。
8.フライパンの隅々まで広げる。
9.弱火にして具材を中心に乗せる。
10.具材に火が通り始めたら隅を折り四角に整える。

最後に熱を加えない 野菜などを添えれば完成 です。

参考になる動画を見つけました。

たまごを入れる場合は、卵黄は固まらなくても良いので、
ナイフとフォークを使って 、黄身とガレットを合せながら
食べるようにしましょう。


Sponsord Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ